NEWS 2018

医療 2018.03.23

ミャンマー 生活習慣病の専門病院を建設(ミャンマー政府)

 
2018年3月22日、ミャンマー政府は、
首都ネピドーで、生活習慣病患者の治療を専門とする
初の病院を建設する事業について、
日本から無償資金協力を受ける契約署名式を行いました。
 
国際協力機構(JICA)によると、
ミャンマーは所得向上で食生活が変化し、
生活習慣病を原因とする脳卒中などによる死亡が急増。
対応できる医療施設の不足が問題になっています。
 
最大都市ヤンゴンに新たに建設される
「ヤンゴン新専門病院」は7階建てで、316床を備えます。
日本が最大で約86億円、ミャンマー政府が400億チャット(約31億円)を拠出。
2020年の完成を目指します。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る