NEWS 2018

医療 2018.01.31

メタボリック症候群や糖尿病予防に期待 血糖値を下げるインスリンの作用を助ける遺伝子を発見(神戸薬科大学)

神戸薬科大学は1月29日、
哺乳類の脂肪細胞内にあるタンパク質「Fam13a」が、
血糖値を下げるインスリンの正常な作用を
助ける働きがあることを解明したと発表しました。
 
同大学の臨床薬学研究室では
肥満状態のマウスの脂肪細胞内にあるFam13aが、
通常のマウスより著しく少ないことに着目。
 
そこで、通常のマウスからFam13aを取り除くと、
インスリンの働きが弱まり血糖値の下がり方が鈍化。
このマウスに高脂肪食を与えると、重度の高血糖状態になりました。
一方、Fam13aを増やしたマウスは肥満状態でもインスリンが強く働き、
メタボリック症候群などを発症しにくくなりました。
 
詳しく調べた結果、Fam13aが、インスリンの正常な作用に必要な
別のタンパク質「IRS1」の分解を防ぐ役割を果たしていることが判明。
Fam13aが減少すると、インスリンの作用が弱まり、
メタボリック症候群や糖尿病を発症しやすくなるということです。
 
同研究室の池田宏二准教授は、
「人間でもマウスと同じ作用があると推察される。
メタボリック症候群や糖尿病の新たな治療法の確立にも繋がるのでは」
と、話しています。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る