NEWS 2018

医療 2018.01.26

インフルエンザ、前週より100万人超増加。患者数過去最多に

厚生労働省が1月26日に発表した「インフルエンザの発生状況について」によると、
今月21日までの1週間に、全国の医療機関を受診した患者は推計で約283万人となり、
前週の約171万人(推計)より100万人以上増加したことがわかりました。

1医療機関あたりの患者数は、51.93人で、
統計を開始した平成11年以降、過去最多の数になりました。

都道府県別では、
鹿児島県(86.53)、宮崎県(84.97)、福岡県(83.99)、大分県(82.40)、
佐賀県(69.64)、長崎県(68.23)、静岡県(67.92)、熊本県(66.26)、
沖縄県(64.70)、高知県(64.08)、三重県(62.43)、愛知県(62.12)、
埼玉県(61.63)、千葉県(61.05)、山口県(57.54)、山梨県(56.78)、
神奈川県(54.49)、愛媛県(53.72)、鳥取県(52.52)
の順となっています。



 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る