NEWS 2017

医療 2017.12.14

がんや筋骨格系障害、メンタル疾患などからの休職、復職に関する『科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス2017」』を公開。(EBM普及推進事業Minds)

EBM普及推進事業Mindsでは、2017年5月に発行された
がんや筋骨格系障害、メンタル疾患などからの休職、復職に関する『科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス2017」』をWeb公開しました。
同ガイダンスは産業保健における復職ガイダンス策定委員会より許可を得て掲載したもの。
 
企業の休職者が増加すると、健康保険の傷病手当金の増加など、多くの課題が生まれます。
そのため、早期の復職が推奨されており、医療の分野の見地から適切な
復職の支援、判断、復職時の配慮などが産業医や保健職、各産業保健スタッフなどにより
エビデンスとしてまとめられました。
 
同ガイダンスでは、リワークなど、認知行動療法(CBT)などを
活用した復職支援プログラムを紹介するほか、
主治医などの臨床との連携強化、ソーシャルサポートについても記載しています。
 
詳細は、EBM普及推進事業MindsのWebページをご覧ください。
http://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0291/G0000959

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る