NEWS 2017

医療 2017.10.10

40歳を超えて目の不調を感じる人が約6割。最も多い対処法は「目薬」、「目の健康にかんする調査」(トレンド総研)

トレンド総研は2017年10月10日、
「目の健康」に関する調査結果を発表しました。
調査対象者は、40~80代の男女500名です。
 
同調査結果によると、
「現在、目の健康に自信がありますか」と聞いたところ、
28%が「自信がある」と回答しました。
残りの7割以上は、「目の健康」に自信が持てずにいることがわかりました。
 
目の不調について、
「40歳を過ぎてから、目の不調が増えた」という人が60%でした。
具体的な年齢は、平均で「49.3歳」という結果になりました。
40~50代は、目に不調が出やすい年代と言えそうです。
 
老眼以外の悩みでは、
「疲れ目」(65%)、「かすみ目」(55%)などが挙がりました。
疲れ目やかすみ目を感じたときの対処法は、
「目薬」が最も多い回答でした。
 
しかし、対処法で「目薬」を挙げた人の75%が
年齢による目の疲れにあった目薬を選ぶことに自信がないため、
眼科医や看護師から「目薬を選ぶ際のアドバイス」が目薬選びの助けになることが考えられます。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る