NEWS 2017

医療 2017.09.29

男性の約3人に1人が「肥満」を気にする、「生活健康基礎調査」(株式会社アンテリオ)

株式会社アンテリオは2017年9月29日、
「生活健康基礎調査」の結果を発表しました。
調査対象者は、16~69歳の男女2,269名です。
そのうちの男性1,118名の結果をまとめます。
 
同調査結果によると、
将来に対して不安に感じていることは、
10歳代は「自分の生活(仕事・勉強など)上の問題について」、
20~30歳代は「収入や資産について」、
40~60歳代は「自分の健康について」が最も多い結果となりました。
各年代で関心事が変わっていき、
年を重ねるごとに「健康」について不安を感じる人が増えていくようです。
 
健康で気になることに関して聞いたところ、
10~50歳代で「肥満・太り気味」が挙がり、
約3人に1人が肥満を気にしている結果となりました。
「太る」に関する情報を求めている人が多いことが考えられます。
 
健康・美容に関する情報源として、
「TVの健康情報番組、バラエティ番組、ニュース・報道番組」が全世代で挙がりました。
インターネットが普及している今でも、
テレビの影響が強いことがわかりました。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る