NEWS 2017

看護 2017.06.28

583名が看護師の特定行為研修を修了。約9割が病院勤務(厚生労働省)

厚生労働省2017年6月26日、
「特定行為に係る看護師の研修制度」における指定研修機関について発表しました。
 
発表によると、
2015年10月から2017年3月末の間に特定行為研修を修了した看護師数は583名で
そのうち約9割が病院勤務の看護師でした。
指定研修機関数は現在全国で40か所。
病院(15カ所)が最も多く、大学・短大(9カ所)、大学院(8カ所)などが指定されています。
 
特定行為に係る看護師の研修制度とは、看護師が手順書により特定行為を行う場合に、
特に必要とされる実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識
及び技術の向上を図るための研修です。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る