NEWS 2017

医療 2017.05.29

がん治療中の副作用やスケジュールなどを管理できるアプリ「がんコル(QOL)」の公開開始(国立がん研究センター)

国立がん研究センターは2017年5月26日、
みんなで取り組む研究アプリ「がんコル(QOL)」を発表しました。
 
iPhoneアプリケーションである「がんコル」は、
がん患者さんの生活の質(QOL)を調査し、
今後のがん患者さんの療養の向上を目指して開発されました。
 
「がんコル」の主な特徴は以下です。
 
【「がんコル」主な特徴】
・毎日2分程度、生活の質の尺度として幅広く用いられている
6つの質問に回答することで毎日の体調を記録することが可能。
・がん治療中の副作用や治療スケジュールなどを記録することが可能。
・アプリ参加者の同じような状態(同年代、同疾患など)の人の
パフォーマンス(絶対的プレゼンティズム)を見ることが可能。
 
その他の特徴やアプリの使い方など以下からご確認ください。(国立がん研究センターのページ)
http://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/gan_qol.html

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る