NEWS 2017

医療 2017.05.24

2017年5月第3週の「全国の熱中症による救急搬送人員」、昨年の同期間よりも約1.7倍増加。熱中症予防を呼びかけるリーフレットも公開(総務省消防庁、厚生労働省)

総務省消防庁は2017年5月23日、
2017年5月15日から21日までの「全国の熱中症による救急搬送人員」を発表しました。
 
結果によると、
その期間における全国の熱中症における救急搬送人員は984人でした。
昨年の同期間は596人だったため、
昨年に比べて約1.7倍にのぼる患者さんが搬送されていることがわかります。
 
今後も暑い日が続くと予想されます。
「熱中症予防」を呼びかけるため、厚生労働省では2017年5月19日、
リーフレットを公開しました。
 
リーフレットの内容は、暑さを避ける方法や熱中症の症状、
熱中症が疑われる人を見かけた時の対処法などが掲載してあります。
 
▼詳しい内容は、以下からご確認ください。(厚生労働省のページ)
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000124640_1.pdf

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る