NEWS 2017

介護 2017.04.17

介護業界でもAIが活躍。要介護者に合ったケアプランを生成(セントケア・ホールディングス)

セントケア・ホールディングス株式会社および株式会社産業革新機構は、
株式会社シーディーアイ(以下、新会社)へ共同出資することに合意しました。
 
新会社では、AI(人工知能)を利用して
要介護者の体調や症状に合ったケアプランを生成し、
自立支援・重度化予防に繋がるケアマネジメントを実現する
システムを開発しました。
 
本事業の核となるAIは、過去に介護サービスを受けた
要介護者のケアプランを学習し、
要介護者の自立促進や重度化予防に繋がるケアプランを生成して、
ケアマネジャーに提供します。
 
また、新会社ではAIの研究開発を加速させつつ、
自治体や出資者である介護サービス事業者、社会福祉法人等と連携し、
AIケアプランを活用した調査研究を行います。
 
今後、今まで蓄積してきた介護分野での知見をAIに学習させ、
高齢者の自立を支援する介護への転換を目指します。
そして、AIを通じ広く社会に普及することで、
より多くの高齢者の幸せが実現でき、社会における
自立支援へのパラダイムシフトに貢献していくと発表しました。

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る