NEWS 2017

医療 2017.04.14

2017年冬の麻疹(はしか)感染者、東南アジアからの帰国者が発症するケースも(国立感染症研究所)

NID 国立感染症研究所は、麻疹ウイルス分離・検出状況(2017年1月~3月)を
発表しました。
 
麻疹ウイルス遺伝子型別内訳を見ると、2017年の1月から2月にかけて、
三重県での集団感染をはじめとする感染事例を報告しました。
また、海外(主に東南アジア)から日本に麻疹ウイルスを持ち込むケースも目立つ結果となりました。
 
▼内訳の詳細は以下から確認でします。
http://www.nih.go.jp/niid/images/iasr/rapid/meas/genotype/mv2017_20170330.pdf

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る