NEWS 2017

介護 2017.03.22

平成27年度の養介護施設従事者による虐待件数、約400件に。(厚生労働省)

厚生労働省は、「平成27年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」を発表しました。
調査対象は、全国1,741市町村(特別区を含む。 )及び47都道府県。
 
平成27年度中に高齢者虐待と認められた件数は、養介護施設従事者によるものが408件。
前年度より108件の増加となりました。
一方、家族など養護者による虐待件数は、15,976件で、前年度より237件増加となりました。
 
養介護施設従事者による虐待に関して、
被虐待高齢者の認知症の程度と虐待の程度の関係を見ると、
自立度が低いほど虐待の深刻度が高い傾向にあることがわかりました。
 
この調査の詳細は、厚生労働省Webページを御確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000155598.html

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る