NEWS 2017

医療 2017.03.15

治療と就労の両立を支援する「両立支援コーディネーター」のマニュアルを公開(労働者健康安全機構)

独立行政法人「労働者健康安全機構」(厚生労働省所管)では、
「両立支援コーディネーター」に向けたマニュアルを発表した。

両立支援コーディネーターは、働きながら治療を続ける患者を支援し、
医療機関、勤め先などの関係者との調整や、治療方針、職場環境、社会資源等に関する
情報の収集や整理などを実施する中心的な役割を担っています。

今回公開されたマニュアルは、
「がん」「糖尿病」「脳卒中」「メンタルヘルス」の疾病4分野に関して。
両立支援業務における基本スキルや知識に加え、
実際に両立支援を実施するうえで医療スタッフ・従事者(医師・看護師・MSW等)が
留意すべき事項などが網羅されています。

▼マニュアルはこちらのサイトからダウンロードが可能です。
https://www.johas.go.jp/ryoritsumodel/tabid/1047/Default.aspx


 

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る