NEWS 2017

医療 2017.02.28

軽度認知障害(MCI)の早期発見。iPadでのスクリーニングテストが可能に

キャピタルメディカとジェイアール東日本スポーツは2017年2月23日、
東京大学大学院 薬学系研究科教授の富田泰輔氏の監修のもと、
認知症予防を目的としたサービス「アタマカラダ!ジム」の開発を発表しました。

「アタマカラダ!ジム」は、軽度認知障害(MCI)の早期発見テストと
認知症リスク低減運動プログラムを併せて実施するもの。
MCIの早期発見に非常に有効なスケールとされるMCIスクリーニングテスト「MoCA」の
日本語版「MoCA-J」を、iPadで実施できるようICT化されています。
利用者の健康・生活関連情報とともに保管し蓄積されます。

概要は以下の通り。
Ⅰ:高精度な軽度認知障害(MCI)の早期発見テスト
Ⅱ:学術論文に裏付けされた、認知症の発症リスク低減運動プログラム
Ⅲ:高齢者住宅クラーチでのトライアル実施
Ⅳ:飽きさせない工夫と継続できる仕組み


▼詳しくは、キャピタルメディカのリリースをご覧ください
http://capimedi.com/wordpress/library/2017/02/5498/

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る