NEWS 2017

医療 2017.02.16

がん 5年後、10年後生存率を発表。10年後は58%(国立がん研究センター)

国立がん研究センターは、がん5年後生存率、10年後生存率のデータを更新。
16日、発表しました。

●5年後生存率結果の概要
全部位全臨床病期の5年相対生存率は69.4%。
統計を取り始めた1997年の62.0%から、7ポイント高い結果が示されました。
化学療法、放射線治療や早期発見技術の進歩が生存率の向上につながったと感がられます。
 

(1) 90%以上 前立腺(100%)、乳(93.6%)、甲状腺(92.8%)
(2) 70%以上90%未満   子宮体(86.4%)、大腸(76.3%)、子宮頸(74.6%)、胃(74.5%)など
(3) 50%以上70%未満 卵巣(61.1%)
(4) 30%以上50%未満 肺(44.7.%)、食道(43.4%)、肝(36.2%)
(5) 30%未満 胆のう胆道(28.3%)、膵(9.2%)


●10年後生存率結果の概要
全部位全臨床病期の10年相対生存率は58.5%。
(前回集計1999年から2002年の全部位全臨床病期の10年相対生存率58.2%。同じデータベースの5年相対生存率は63.8%)。
 
(1) 90%以上 前立腺(94.5%)
(2) 70%以上90%未満 甲状腺(89.3%)、子宮体(81.9%)、乳(81.7%)、子宮頸(71.4%)など
(3) 50%以上70%未満 大腸(69.2%)、胃(67.3%)、腎(66.0%)など
(4) 30%以上50%未満 卵巣(45.7%)、肺(32.6%)など
(5) 30%未満 食道(29.4%)、胆のう胆道(17.3%)、肝(16.4%)、膵(5.1%)など


▼詳しくは、国立がん研究センターのリリースをご覧ください
全がん協加盟がん専門診療施設の診断治療症例について 5年生存率、10年生存率データ更新
http://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/press_release_20170216.html

▼部位別、ステージ別、治療法別などの生存率は、
全がん(成人病)センター協議会のホームページで公開されています

NEWS一覧へ戻る

こちらに掲載されている情報は、発表現在の情報です。日時・内容の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る